Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bijinkawaii/bijinkawaii.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

人間関係 昔話 毒親 辛かった頃

愛着障害

投稿日:

 

子どもの頃の親との人間関係が

うまく築けなかった場合、

 

大人になったあとや、

大人になるまでの人間関係で

救われる人もいる。

 

大人になれば、子供の頃なんて関係ない。

 

そういう人もいるけれど、

子供の頃の親との人間関係が築けなかった私は、その苦しさからなかなか抜け出せないでいるよ。

 

自分がその気持ちを捨てられれば良いのだろうけれど。

今も親と時折会う選択をしているし、

完璧に離れきれない弱さもある。

 

なんでも親のせいにするな。

 

そう言われるけれど、

すごく愛されて素直に育って、

自分の感情や思いを素直に表現できる人が羨ましい。

 

そういう人になりたくて、

素直に表現するようにしてみたけれど、

自分の深いところにある感情が未だにわからなかったりする。

 

大人になれば、親は関係ない。

自己責任だ。

 

そう言われても、

親からの影響は大きいよ。

 

大人になってもまだ親に愛されたい。

そう願うことはおかしなことなのかもしれない。

 

けれど、幼い頃から

頭も撫でられたこともない。

褒められたこともない。

最低限触れ合うこともない。

行動に対しては否定的な言葉を投げかけられ、笑うことにさえ、嫌悪の言葉が投げかけられ、暴力をふるわれた。

 

そんな私が人間関係を築くことが難しかったのは仕方のないことのように思える。

 

むしろ、今、優しい人に恵まれていることは、本当に奇跡のようなことに感じる。

 

同じような経験をした人は、この息苦しさを分かりあえるのかな?

 

優しすぎるところがある。

離れきれないところがある。

愛してしまっているから、どんなに嫌なことをされても、相手が喜ぶことはしてあげたくなる。

 

たくさんたくさん傷付いても、

それを説明しても全然分かってもらえないし、

常に私は悪者で。

 

離れればいいこともわかっている。

でも、何か役に立てれば嬉しくて。

 

私はただ、親と仲良く、良好な関係を築きたいだけ。

 

けれど、価値観の違いがすごいんだ。

普通のことが全然説明しても伝わらないんだ。

 

親や家族が大好き!

そうやって愛されて育てられてきた人が昔から羨ましくて仕方がないんだ。

-人間関係, 昔話, 毒親, 辛かった頃

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

周囲の人間の重要性

  付き合う人間は非常に重要だと考える。   私の場合、自分が美人に生きる。 と、決めたとき、美人に生きるための振る舞いや、美人になる覚悟が必要になる。   美人になると …

愛情深い人

  内面の美しさは、目に見えないから、美しいと感じることだと思う。   美しいと感じるものがなんなのか考えてみると、その人自身の愛情深い一面に感じる。   お花を愛でる姿 …

適当です

♥面倒なことが嫌い もともと性格は面倒くさがり屋。   お化粧なんて正直、肌のためにも出来るだけしたくないし、 お化粧品にも強いこだわりなんてない。 自分の肌の調子を下げないも …

悩み、ほぼ無意味

♥悩み   もともとかーなーり悩む。 より良い方向に行きたいし、 できるだけ失敗したくないし、 要領良く行きたいから。   でも、実際、悩んでるより失敗しても、さっさ …

優しくされる

💛優しくされる   ここ数年。 人から優しくしてもらえることが多い。   容姿を整えたことで、優しくされる機会が増えたということもあるけれど、正直、オフモードで、容 …