内面 外見 昔話 辛かった頃

明るい人になる方法

投稿日:2020年6月22日 更新日:

💛明るい人になる方法

 

もともと、人間関係を築くことが苦手。

人見知り。

人の顔色を気にする。

出来るだけ家の中にいたい。

 

そんなタイプの人間だった。

 

明るい人間になりたい。

人と普通に接することが出来る人になりたい。

 

そう願っていた。

 

現在、明るい人と認識されている。

暗い人、人見知りな人と認識されることはまずない。

 

どうやって、自分の内面を変えられたのか。

と、考えてみると、まず、外見を明るい人特有の外見に変えた。

 

現在は、自分の趣向が変化して、美人を演出する外見になっているが、明るい人になりたかった頃は、明るい雰囲気の外見づくりをしていた。

 

髪色は明るめ。

服装も、明るい色彩の服装。

 

こうしたことに気を付けるだけでも、他人から見える自分像が変化してくる。

他人から見える自分像が変化すると、私に対する接し方も変化してくる。

 

外見を通して、「明るい子」という認識を相手がしてくれる。

だから、「明るい子」として接してくれるので、こちらも「明るい子」として対応するようになる。

 

「明るい子」として接してくれても、根暗だから、、、

と思う人もいるかもしれないが、実際に変化してみると、「明るい子」と認識されることで気軽に声を掛けてくれる人がとても増える。

 

「明るい子」に見えると、それだけフレンドリーで、話しかけやすい子に見えるのだと思う。

 

最初の頃は、「明るい子」認識に対して、内面は「人見知り」のままで対応しないといけないため、あわあわしていたが、大抵「明るい子」に積極的に話しかけてくれる人の多くが「明るい人」であることが多い。

 

「明るい人」は、まず喋りが上手い。

こちらが上手く話すことが出来なくとも、会話のキャッチボールを上手にしてくれる。

「明るい子」になることで、こうした「明るい人」が自然と寄ってくる。

同類が集まる。という仕組みが体現される。

 

「明るい人」と接することに最初違和感を覚え、上手くいかないこともあった。

けれど、「明るい子」として生活していれば、常に周囲は「明るい子」として認識してくれるので、「明るい人」と接する機会も自然と増える。

 

だから、例え、最初うまく会話が出来なかったと、落ち込んでしまわず、それを糧に、その後出会う人との対応で少しずつ自分をならしていけばいい。

そうした積み重ねで、性格は変わってきた。

 

自分のなりたい内面があるのであれば、その内面に沿った外見をすることで、自分の内面も変わることが出来る。

 

という私の実体験のお話でした。

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-内面, 外見, 昔話, 辛かった頃

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

美人になるコツ

❤美人になるコツ 何をするにもコツは必要。 コツが分かっていないと、 全く違う方向に進んでしまう。   美人になる。 そう決めても、コツを少し間違えると 美人じゃない人になって …

掃除と幸せの形

💛最近思うこと   大きな断捨離を経て、掃除片付けを習慣に 取り入れられるようになり、強く感じることが、 様々な物事に関する捉え方が変化しました。 最近は、常々、自分の価値観 …

自分の機嫌は自分で取る

💛機嫌   気分屋の人 気性が激しい人 って人から嫌がられる傾向にあるよね。   機嫌の上がり下がりが激しい人が好きだという人もいるけれど、 とてもまれ。 &nbs …

酷いニキビ

💛ニキビが酷かった   学生時代、ニキビが本当に酷かった!   顔全体に赤い大きなニキビが溢れて、 ニキビの出来ていない場所を探す方が難しかった。   か …

強気

  気が強い面もある性格だったけれど、 年々、穏やかになっている。   環境が恵まれて来たということも大きいのだろう。   以前であれば、カチンときていた場面でも、「ふー …