人生 人間関係 内面 幸せ 昔話 自信 自分を好きになる方法 辛かった頃

自信の付け方①

投稿日:2019年9月13日 更新日:

💛自信の付け方

 

自信の付け方!!!

自分に自信が皆無になくて

人間関係もボロボロで

人とまともに話すことも出来なくて

人の目を見ることも出来ないし

言葉を発することも難しかった

自分で選択することも

まともに思考することも難しかった時期。

 

とてもよく調べた言葉です(笑)

 

答えがずっと欲しかった言葉。

 

💛自信のなかった過去を振り返ってみる。

 

シンプルにこれをしたら自信がついたよ!

というのを伝えたい。

 

ただ、これが、意外とこれをしたらという一つはないんですよね。

 

自信がないときって、

少しでもいいから、自分に自信をつけたいですよね。

 

少しでもいいから自分を信じたい。

自分が大丈夫な奴なんだって自信が持ちたい。

生きていていいんだよって。

人に迷惑を掛けていないんだよって。

人とまともに接するためにも

人と対等に立ちたいから。

 

色々な理由がありましたが、

自信がないと、本当に生きるの大変ですよね。

 

だって、自分は自分しか生きれないのに、

その自分を信じることが出来ないんですよね。

 

どうしてかなと考えてみたとき、

当時は、

・人とまともに接することが出来なかった

・人が出来ることが出来なかった

・常識で分かることが私にはわからなかった

・頑張っているのに、頑張るところを間違えていたり、報われない

といった理由で(他にも理由はあると思いますが。)

自信がなかったのだと思います。

 

本当に驚くほど、様々なことが出来ませんでした。

 

学習能力が著しく低いというわけでもなく、

今まで何もできなかったという訳でもなかったのですが、

(確かに突出して何かが出来たというわけでもない。)

私の中の負の時期?黒歴史時代?(笑)

本当に出来ないことが多かったです。

 

💛自身の付け方

 

じゃあ、どうやったら自信はつくのか。

 

とても考えましたし、

調べましたし、

周囲を見て模索しました。

まず、私が考える自信とは、

①人から肯定される中で培われる自信

②自分が行動する中で培われる自信

 

というものがあると思います。

 

①人から肯定される中で培われる自信

とは、多くは、家族によって構築されている方が多いように思います。

 

常に明るく、失敗しても気にしない。

常に前向きで、自分のペースをしっかり持っている特徴のある人が多い印象です。

 

こうした人たちは、幼い頃から、失敗しても、家族が、励ましてくれたり、

失敗しても、頑張ったねと受け止めてもらえてきた人が多いように思います。

自分自身はしっかり愛されている!という自覚のある人は、

自分は愛されるに値する人間だと認知できますから、自信に繋がりますよね。

そうして自然に自信がつくようと、とても幸せに生きやすいと思います💛

 

ただ、私は、これがほとんど培われていませんでした。

愛されたという実感がありませんでした。

よって、家族や信頼できる人からの愛情を通しての自信作りは出来ませんでした。

だから苦しんでいました。

 

ただ、年齢を重ねる中で、少しずつ人と接することが出来るようになる中で、

信頼できる友人、心を許せる友人、私自身のことを認め、

受け止めてくれる友人に出会うことが出来ました。

 

信頼できる友人に出会うのには、本当に時間がかかりました。

自分自身も人と上手く接することが出来ない

コミュニケーションの低さで相手に不快な思いをさせることも

多かったです。

 

それでも、受け止めてくれ、私が何かに取り組む際には、

全力で応援してくれる。

 

そうした友人に出会えたことが本当に救いでした。

 

また、お付き合いしてきた方々にも同じようなことが言えます。

私が上手にコミュニケーションを取ることが出来なくても

熱心に話し合いを設けてくれたり

打ち解けたいのに上手く打ち解けられない私を

全力で受け止めようと言動で表現してくれたり。

愛情表現をしてくれました。

 

そうした様々な方の好意や受容を通して、

自分という人間を認め、受け止めてもらえるということを学びました。

 

私自身、家族との信頼関係が築けなかった人間なので、人間関係は本当に苦労しました。

でも、家族でなく、血の繋がっていない人でも、

自分のことを全力で受け止めようとしてくれたり、

認めてもらえるという経験が本当に私を救ってくれました。

 

感謝しかないです。

 

ただ、自信がなかった頃の私は、まず、

人間関係もボロボロで、その友達も恋人もいないんだけど!

という状況だったから、まず、人間関係を築ける方法を書かなきゃだな。

とも思うんですが、人間関係を築くにも自信は必ず必要なんですよね。

自信ないと相手傷つけちゃうから。

未だに、自信のなさで相手を傷つけてしまうことはあります。

自信は、以前よりはつけましたが、それでも、

まだまだ揺れちゃうことはあります。

 

自信がないとなぜ相手を傷つけてしまうのかというと、

自信がないと、自分を信じられない。

自分を信じられない状態で、相手のこと信じることは出来ません。

相手を信じるという自分の考えを信じられないから。

 

だから、人間関係を培うためにも、自分で自信を持つ必要性がある。

そのためには、人から認めてもらうという自信の付け方が難しかったら、

まず、

②自分が行動する中で培われる自信

を付けましょう。

 

長くなったので、続きは、また明日!

おやすみなさい!

-人生, 人間関係, 内面, 幸せ, 昔話, 自信, 自分を好きになる方法, 辛かった頃

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お花の周りには蝶が来る

❤お花の周りには蝶が来る   以前、虐めも経験していたので、人間関係をうまく築くことができなかった時期が長かった。 足を引っ張ってくる人や意地悪をして来る人もいた。 &nbsp …

すぐに結果に出なくても

  器用じゃないから上手くできないと 諦めてしまうのではなく、   器用じゃないぶん、 時間はかかるけれど、 普通の人の倍の時間をかければ 上手くいくこともある。   す …

大好きな友人の結婚式

  私にとって、 大切で 大好きで 大切な友人の結婚式。     コロナの影響で、延期延期になってしまっていた。   やっと、挙式だね。   &nbs …

大好きな人に恵まれて

💛大好きな人   私は、沢山の大好きな人に囲まれています。   容姿で深く悩んでいた時期もありますが、 乗り越えて、今、自分の容姿が好きになっています。 &nbsp …

片付け祭り

💛片付け祭り   絶賛、片付け祭り追行中です。   昨日、ドキドキしすぎて全然眠ることが出来ず、 二時間ほど仮眠の末、悪夢に起こされ、朝方5時頃からモソモソ開始。 …