Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bijinkawaii/bijinkawaii.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

垢抜ける方法 外見 美人

美人に見える服の選び方

投稿日:

💛現物を見てお洋服を選ぶ

私は基本現物を見て購入することが好き。

というのも、実際に試着して、自分の体型や肌と合うか、洋服の生地感や素材をしっかりチェックしたいから。

 

お写真ではすごく綺麗に映っていても、現物は毛玉が出来やすいような生地や素材だと、安っぽい雰囲気が出るので、私は手に取らない。

 

毛玉が出来やすい素材でも、綺麗に着こなせる人もいるだろうけれど。

自分がそういう着こなしが出来るとは思わないし、わざわざリスクをとってまで選ぶことはない。

 

お洋服自体が綺麗を維持しやすい商品であること。

お洋服自体に魅力がある物を選択する。

 

💛ネットショッピングもする

といいつつ、ここ最近、とくにコロナが流行ってからは洋服の買い物に出掛けることはしなくなった。

人が大勢いる場所に行きたくない。

という気持ちももちろんだが、行くことが面倒になっている側面もある。

 

ここ数年で、部屋の片づけをして、だいたい自分が好きなお洋服のブランドやデザインが自分の中でハッキリしてきたこともある。

 

このブランドであれば、生地感やデザイン性は信頼できる。

というブランドはネットショッピングでも購入する。

 

反面、デザイン性は良くても、生地感への信頼は五分五分のブランドの場合は、実際に見に行く。

すると、ネットで表示されていた素材の商品でも、自分のイメージの質感ではなかったり。

ネットの写真の情報だとすごく素敵に見えたのに、実際は生地が粗く、魅力的に見えなかったり。

 

実際に店頭に行くことで、下手なモノを買わずに済む。

逆に、ネットの写真では全然魅力が分からなかった商品でも、現物を見て、魅力がわかる商品もある。

魅力的な商品に出会えたら嬉しい。

 

💛モデルの着用画のある商品の選び方

ネットショッピングでは、モデルさんが着用されている写真が紹介される。

モデルさんが着ることで、服のイメージができるとともに、服がとても魅力的に映ることが多い。

 

けれど、こうした場合でも、私はかなりチェックする。

 

まず、モデルの全体像を見たときに、「ん?」と気にかかる点のある商品は出来るだけ購入を避ける。

 

気にかかる点を具体的に上げると、

・体のラインが綺麗に見えているが、ラインが見え過ぎている場合は生地が薄すぎて、下着のラインが出てしまい、綺麗に着こなすことが難しい場合が多いので避ける。

・丈の短いスカートを選ぶ際、短すぎて、自分が動いたときに下着を気にしなければいけないようなデザインの服は避ける。自分の動きに制限のかかる服は、自分の美しさを制限してしまうと考えるから。

・服のもたつきのある服は避ける。ワンピースのデザインに多いのだが、お腹あたりに生地を残すデザイン。私はこれは絶対に選ばない。お腹あたりこそ、スッキリ綺麗にラインが見えた方が、スタイルよく、美しく見えると考えるからだ。

 

他にも、洋服を綺麗に魅せるモデルさんが着用しているのに、

・体のラインが綺麗に見えない。

・モデルさんが着用していても、短すぎるだろうと感じる丈のスカート。

・モデルさんが着用していても大きいなと感じ、目立っている装飾品のついた服。

は、極力避けている。

 

大抵、モデルさんが着ていて「ん?」と感じる点は、

自分が実際に着用すれば、「違う」に変わることの方が圧倒的に多い。

 

モデルさんは、洋服を綺麗に着こなす人であり、

それをプロのカメラマンが撮影して、綺麗に補正もした状態で商品を紹介しているはず。

 

その写真で、「ん?」と疑問を感じるところがあるものは、一般人は避けて間違いないと思う。

 

💛モデルの着用画の活かし方

ただ、モデルさんが着用することでお洋服の価値が上がることは事実だし、お洋服だけの写真より、モデルさんが実際に着用することで、お洋服の魅力が分かる商品も沢山ある。

 

だから、モデルの着用画像はすごく大切にしている。

 

お洋服だけ見ても、魅力的に映らないけれど、モデルが実際に着用すると、モデルの体のラインが綺麗に見えて、美人に見える商品はとても魅力的な商品なんだと理解して、私は購入することが多い。

 

けれど、多くの人はそういう選び方はしていないように感じる。

 

モデルさんが着用して、そのモデルの雰囲気とマッチして可愛く見えるから選んだり。

今の流行ということで一番に推されている洋服だから可愛いと考えて選んだり。

 

洋服自体を見ているのではなく、そのモデルの雰囲気や流行で選択している人は多い。

そういう人の多くは、素材にもあまり気にしていない。

 

そういう人はオシャレや、美人という雰囲気にはなりきれない人が多い。

それはそうだろう。

と思う。

 

だって、そのモデルが着ると可愛く見える雰囲気の作られた写真を見て購入しているだけだから。

そのモデルの顔付きやメイク、周りの装飾品で誤魔化されているけれど、普通の人が着れば普通の洋服にしかならないことが多い。

 

要するに、モデルに着てもらっている服を選ぶ人の話をしている。

こういう人は、オシャレな服を選んでいると勘違いしているが、オシャレな服を選んでいるわけではない。

可愛いお顔のモデルが着ているので、可愛いと勘違いした服を選択しているだけ。

 

本当にオシャレに見える服、美人に見える服は逆だ。

モデルを映えさせる服が正解だと私は考えている。

 

可愛い人がより魅力的に見える服。

過度な装飾品が付いているものではなく、その人自身の良さをさらに引き立てる服が美人に見える服の選び方だと思う。

 

ファッション雑誌などで推されているお洋服の中には、

モデルに綺麗に着てもらっている服と、

モデルを綺麗に魅せている服がある。

 

この時に大切なのは、モデルを綺麗に魅せている服を選ぶこと。

 

モデルに綺麗に着てもらっている服を一般人が選ぶと、大抵が服に着せられている感が溢れる服になる。

 

モデルを綺麗に魅せられる服は、一般人が着れば、更に魅力を引き出してくれる服。

 

だから、私は、モデルの魅力を引き出す服を率先して選んでいる。

 

💛自分の体型、自分の色を加味して選ぶ

と言っても、モデルと自分は異なる。

骨格も体型も、色も顔のつくりも違う。

 

私の場合、身長高め、痩せ型なので、モデルと体型や骨格もそれほど違いが大きく出ない。

だから、そういう人は普通のファッション雑誌も参考にしやすいと思う。

 

けれど、すごく太っていたり、すごく痩せている場合はまた選び方は変わってくると思う。

すごく太っている場合は、最近はぽっちゃり系のモデルさんを参考に服を選べば、自分を魅せる服を選べる機会が増える。

 

すごく痩せている場合は、自分の痩せすぎている部分を隠すファッションの方が良い場合もある。

痩せすぎていることを否定して隠せと話しているわけではない。

私自身、すごく痩せていた時期があり(普通に食事をしていた)、すごく周囲から、とくに年配の方から心配されていた時期があった。

 

適度に痩せていることは美しい見た目に繋がるが、痩せすぎるとどうしても骨が協調されてしまう。

骨が見えることが悪いという訳ではなく、周囲に心配をかけないファッションの選び方でなければ、美しい、魅力的なファッションとは言えない。

 

痩せすぎることで、骨が強調されて、不健康に見えてしまう所もあるが、

そうした不健康そうなところはお洋服で隠し、

細いふくらはぎや足首、手首を活かすファッションをすれば綺麗に見えると思う。

 

 

自分の良さを活かせるファッションが一番自分を魅力的に魅せるファッションに繋がると思う。

 

本日も読んでいただき、感謝します💛

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-垢抜ける方法, 外見, 美人

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分の顔を好きになる

  最近、気が付いたけれど、 自分の顔が好きになれたと思う。   ふと、気付いた感じだから、 いつからかも分からない。   学生時代は、ずっと嫌いだと思い、 鏡も見れなっ …

自分の可能性を広げる

💛20歳を越えたら自己責任   20歳を越えたら、全て自分の責任だよね。   子どもの頃は、親からの言いつけを守らないといけなかったり、 沢山の規制がある。 &nb …

くまがひどい

❤くまの原因   学生時代からくまがとれないなと思い、 社会人になって、美容家の方に相談したことがある。   そのとき、美容家の方から 多くの人はくまだと思っているけ …

掃除と幸せの形

💛最近思うこと   大きな断捨離を経て、掃除片付けを習慣に 取り入れられるようになり、強く感じることが、 様々な物事に関する捉え方が変化しました。 最近は、常々、自分の価値観 …

清潔感のつくり方②

💛一軍の物だけにする   断捨離以前は、大量の洋服を持っていました。 それにも関わらず、私は洋服がないと思い込んでいました。   自分が気に入って買った服だと思い込 …