ボディーケア 美容法

ヒールと足のケア

投稿日:

♥ヒールのこだわり

ヒール👠

履きます。

 

ヒール👠には、結構こだわりがある方。

サイズ感やフィット感はかなり大切にしています。

 

シューフィッターさんがいる靴屋さんで購入したり。

購入時は足にピッタリでも、後日、着用すると、カパカパかかとが抜ける場合は、調整してもらいに再度靴屋さんに行きます。

 

サイズの合わない靴や

靴擦れを起こしてしまう靴は

どんなに可愛くても、履かない。

 

♥ヒールの痛み

着用中に痛みが気になる靴は、自分の気持ちが痛みに集中しちゃうし、不快感がいっぱいになって、履けない。

 

といっても、

ヒール👠は、どんなにサイズや自分に合う物を履いていても、長時間使用していれば、足は必ず痛くなる。

 

まあ、通常の足の形ではなく、靴に合わせ、つま先を立てて、かかとを上げた状態で歩くわけだから、痛くならないわけがない。

 

歩き方も通常の足の運びとは必然的に異なる。

足全体を使って歩くことができないため、力の入る場所も、身体への負荷のかかり方も異なる。

だから、足が痛くなることは仕方がない。

 

時折、ヒールでもこの靴なら長時間履いても足が痛くなかった!

という話を聞くけれど、私の足はそんなに強くない。

 

シューフィッターさんに合わせてもらい、履き心地も良く、しっかりフィットしていて、安定感がある、自分にあった靴を着用する。

 

試着した瞬間は歩きやすくて感動する。

 

それでも長時間履いていれば、帰ってきて靴を脱げば、足の疲労感は必ずある。

その疲労感による痛みがある。

 

靴があっているので、靴ずれは起こさないけれど、足の裏や節々が痛い。

 

また、ヒールによる足の疲れや痛みをカバーするためにふともも、ふくらはぎ、腰回りなんかも強張る。

 

こうした症状がヒールを長時間着用した日は必ず起こる。

 

♥フットケア

そして、痛いなと思いつつ、何もせずにそのまま眠って、翌日目が覚めると、足がさらに痛い。

重い。浮腫む。

などの症状が出る。

 

だから、最近は、ヒール👠着用後は、足の裏、ふくらはぎのマッサージ、ヨガをします。

 

足の裏はマッサージするとき、痛みがあります。

もともと痛くなっている足の裏に刺激を与えるわけだから、痛みは生じます。

 

私はフットケア専用で足の裏マッサージ機を購入しています。

 

足の裏のマッサージをしておくと、翌日の足の裏の疲労感が全然違う。(泣)

 

そのため、かなり重宝しています。

 

ふともも、ふくらはぎ、腰回りに関しては、足を中心としたヨガを最近は取り入れています。

 

寝る前に動かすと、滞っている箇所、強張った箇所に刺激を与えるので痛みはありますが、ヨガ終了後は体がかなり軽くなります。

 

足の裏のマッサージとヨガをした日は、時間はかかっても、翌日の体の調子が全然違います。

 

ケアの大切さを痛感する場面。

 

とくに、翌日も長時間靴を履くという日は、ケアは必ずしたほうがいい。

 

足のだるさや痛さといった症状だけでなく、足のむくみも取れるので、足が細くなります。

 

以前、フットケア(美脚)に関して、足はその日に疲労感や浮腫をとっておかないと、次の日、次の日とどんどん浮腫が溜まって、足が太くなると言う人の話を聞いたことがある。

 

太くなるかどうかは個人差があるとは思うけれど、浮腫んだ後、浮腫を取るのは大変だから、浮腫まないケアは絶対に必要。

 

治療より予防で、美しさは作られる♥

美しさの差がつく場面です♥

 

 

 

本日も読んでいただき、感謝します💛

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

-ボディーケア, 美容法,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

身嗜みを整える②

💛私の身嗜みの整え方   私は身嗜みを整えるうえで 一番気を遣うのは、 汚いところを見せない!!! ということです。   💛美人な人を観察する &n …

姿勢とヒールの話

💛姿勢よく、上品な立ち居振る舞い。   姿勢、立ち居振る舞いを通して美しいと感じる場面は多い。   少し離れた場所から、よく顔立ちが見えなくとも、 姿勢、立ち居振る …

お雛様

  明かりを付けましょう ぼんぼりに。   お花をあげましょう。 桃の花。   五人囃子の笛太鼓。 今日はたのしい雛祭り🎎✨   …

りんご酢

💛りんご酢 先日、以前から気になっていたりんご酢を購入。   りんご酢と聞くと、ダイエットのイメージが強いけれど、 お酢だし、りんごだし、肌にも良さそう?と思い、気になってい …

静電気

  今年はまめに加湿器を動かしている。   それプラス、着用する寝具や下着は極力綿素材の物に揃えたお陰で、今年は静電気を少なく過ごせている。   部屋が乾燥しやすい部屋な …