垢抜ける方法 外見

自分のイメージを明確にする

投稿日:2022年4月27日 更新日:

 

私は幼い頃から自分の中で

理想の女性像のイメージがある。

 

それは数種類のタイプの理想の女性像がある。

 

美人系

可愛い系

綺麗系

ギャル系

ハンサム系

 

各々に対する自分の中のイメージ像は明確にあり、

そのイメージに沿って、いつも

髪型、メイク、服装、小物類

を選んでいる。

 

私は絵を描くことは得意ではないが、

結局は、この頭の中に描いた自分のイメージを

どれくらい具体的に

自分に落とし込むかの作業だと思っている。

 

多分、このイメージがあいまいな人は、

あいまいな人物像で自分を作り込んでいると思う。

 

例えば、可愛い系として私が自分を作り込むとき。

まず、メイクで顔の可愛い雰囲気を作り、

その顔の雰囲気と可愛い系の服装に合う髪型を選択する。

そして、小物類も、可愛さが引き立つ物を選択する。

 

ざっくりしているが、全体的に言えば、こういう流れで、

可愛いを作り上げる。

 

けれど、このイメージが曖昧な人は、

まず、メイクは、容姿がマシになればいいかのように

自分のなりたいイメージを無視して、

とりあえず、自分の顔にメイクを施す。

その後、髪のセットをするが、服とメイクの関連性は無視して、

自分が出来る髪型にセットする。

そして、服と髪とメイクの関連性はなく、

自分が可愛いと思っている服を着る。

その後、小物類は、小物類単体として可愛い物を選択する。

 

こうした選び方をしている女性は、

単体ずつ見るとオシャレだが、全体的なバランスが

取れておらず、アンバランスな印象になる。

 

特に、服装はプチプラなのに、

ハイブランドの鞄を合わせる人を見ると

ハイブランドの鞄だけが浮いてしまい、

全体的に調和がとれていない人がいる。

 

プチプラとハイブランドを合わせることが悪いという訳ではない。

バランスがとれている人によっては、

プチプラとハイブランドを合わせることで、

プチプラのお洋服がハイブランドに見えることもある。

 

けれど、正直言って、ほとんどの場合、

プチプラのお洋服が足を引っ張って

ハイブランドが一気に高級感を失っているパターンが多い。

 

どうしてかな?

と考えると、まず真っ先に感じるのは、髪の毛の手入れの違い。

プチプラの服がハイブランドに見える人は、髪の毛の手入れが行き届いている。

逆にハイブランドの高級感を失う人は、髪の毛がパサついている。

 

また、イメージ力としても、

プチプラの服がハイブランドに見える人は、

全体的に自分を高く見えるような立ち居振る舞いや、

メイク、全体のバランスがとても良い。

 

逆に、ハイブランドの高級感を失ってしまう人は、

ハイブランドの強さを前面に武器にしたかのような雰囲気が

立ち居振る舞いや、全体のバランスを見ても感じ取ってしまう。

 

自分自身が、どのようなイメージの人間なのか

明確な人ほど、魅力的に見える。

逆に、自分の所有物に自分の価値を見出している場合、

所有物ばかり悪目立ちしてしまい、本人の魅力が見えなくなる。

 

だから、物を魅せるのではなく、

自分自身を魅せるためにも、

自分の中で、自分に対するイメージを明確にしておくことはとても重要なこと。

-垢抜ける方法, 外見

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

笑顔になる時間

  最近、欲しかったものをプレゼントしていただいた。 嬉しくて、ついつい眺めては、幸せな気持ちに浸っています。   思わず、顔が緩んで、ニコニコしている。(笑) 幸せな時間。 &n …

身の回りを整える

💛掃除が出来なかった過去   掃除や片付けが出来なかった頃。 美人になるために、自分の身の回りを整える必要性なんて全くないと思っていた。   外に出れば、部屋の状況 …

容姿を整える 基礎編

💛美人の基本   美人の基本は、容姿を整えることから始まります。 顔のパーツが整っている人だけが美人だと一般的に認識されています。 しかし、現実世界は、違います。 &nbsp …

美防衛と昔話

💛美で防衛する   美人になることで、自分を防衛できる場面は、格段に広がる。   ブス という烙印を押され、 勝手に、ブスとして認識されて、 相手から不当に嫌な対応 …

美人とそうじゃない人の違い

❤美人とそうじゃない人の違い   美容が好きなので、 幼い頃から、美容について よく調べてきました。 実際に実践して、過程を乗せているかたも 大勢いて、関心があったので よく読 …