Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bijinkawaii/bijinkawaii.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

人生 人間関係 内面 心に余裕を持つ方法 昔話 毒親 自信 自分を大切にする方法 自分を好きになる方法 辛かった頃

3.自分を自分で守る-2

投稿日:

💛前回の続き

3.自分を自分で守る-1

 

 

 

自信の付け方については、こちらをご参照ください。

 

 

💛自信の付け方

 

自信の付け方。

私の考える自信の付け方。

  1. 不用意に貶してくる人に近寄らない
  2. マイナス発言してくる人に近寄らない
  3. 自分を自分で守る
  4. 自分のことを肯定する
  5. 自分で自分のことを褒める

 

今回は、

自分を自分で守る2 について。

 

💛自分を何から守りたいか

 

私の場合、悪口や愚痴などのマイナス発言

本当に嫌い。

 

悪口に慣れ親しんでいると、気付けないだろうけど、

悪口を聞いた後相当疲れる。

 

他人のこと批判して

他人のことを批判したということは

馬鹿な人じゃない限り、自分も同じように行動に制限が掛かる

 

「あの年齢で~はないわー。」

 

と批判すれば、自分の年齢に囚われて出来なくなることが多発する

 

だから、そうした嫌な呪いを自分にかけずにすむように、自分を守ることが大切。

批判的な人や、悪口を言う人とは現在私はお付き合いがない。

 

人を批判しないようになってから、徐々に自分のことを批判することも抵抗がうまれた。

私の場合は、自分を批判するときに使用する言葉を発言することに抵抗が生まれたことがきっかけ。

人を批判するということは、制限を自分で設け、制限を人に勝手に適応させているということ。

だから、人を批判しなくなったら、自分に対する制限も緩くなり、生きやすくなった。

 

もちろん、モラルに欠けたことや、他人に迷惑をかけることはおかしいと注意するよ。

 

人を攻撃することは、自分を攻撃することにも繋がると思う

 

だから、自分からの攻撃も、人からの攻撃も、

自分で守ること

 

具体的には、

自分にダメージを与える人、ここでは自分を傷つけたり、一緒に居て疲れる人とは離れる。

離れると言っても、無視したり、虐めることではない。

距離が近すぎる場合は、少し離れ、別の人と接してみるといい。

 

現在、私にダメージを与える人は身近にいない。

気付けば、前向きに自分のために進んでいる人ばかり。

特に取捨選別したことはないから、自然とそうなった

 

多分、悪口ばかり言う人間に成長していたら、前向きな人達とは仲良くなれなかったと思う。

というのも、前向きな人と悪口言う人は、考え方も、話す内容も全く違うから。

 

だから、最初出会った頃は、なかなか仲良くなれなかった。

当時、悪口は言わなくても、私自身、自己否定が強くて後ろ向きな性格だったから。

前向きな人たちとは、話がうまく噛み合わなかったのだ。

でも、悪口などのマイナス発言から離れることで、少しずつ自分の考え方も前向きになった。

前向きに考えられるようになると、心に余裕が生まれ、明るくなれ、自分が少し好きになり、自分のことを少しずつ大切に出来るようになった。

悪口も言わないし、後ろ向きなところも改善されたおかげで、悪口やマイナス発言をする人達と噛み合わなくなり、前向きな人達と噛み合うようになったのだと思う。

 

だから、

自分を自分で傷つけること

自分が傷付くことから離れる。

そして、自分で自分を大切にする。

それが一番自分を守ることだと思う

 

💛おまけ―学生時代

 

ちなみに、学生時代、沢山人はいたけれど、一緒にいることを選ぶことが出来る環境だったかというと、私は、選ぶことが出来ない環境だと感じた。(人それぞれだろうけど)

 

全校生徒や、学年で見れば多くの人間が集まっているけれど、

主に関わるのは、クラスメイトだ。

 

クラスメイトは男性女性、半々。

思春期の時期など特に、男の子と少しでも一緒に居ようもの、話をしようものなら、嫌なことを言われてしまうことは多々あった。

 

だから、基本一緒に居れる人は、女性。

となると、クラスメイトの半数だ。

一般的に10数名~20名位だろう。

その中で、自分に合う人を見つけることは、なかなか難しい。

 

プラスの面は、長い時間をかけて付き合えることで内面を理解して仲良くなれる人達と出会えることが多い。

マイナス面は、全然自分と合わない場合もある

 

自分の過去を振り返ると、自分のコミュニケーションがとても低いことが大きな要因だが、在校生徒が多い環境だったが、友達はほぼいなかった。

それに、学生の場合、一番最初にだいたいのポジショニングをされてしまう。

役割分担のようなものも最初に決まると、だいたいそれ通りに動かないと反感をくらったりもするよね。

だから、自分の自由にもしづらいし、最初のポジショニングで先入観もついてしまう。

 

学生時代は、自分で自分の周囲の人間を選ぶということは難しいかもしれない。

でも、当時本気で学校行きたくなくて仕方なかったし、毎日本当に辛かったけど、今、楽しいよ。

当時はどうしてこんなに上手くいかないんだって思っていたけど、社会に出たら、もっといろいろな人と接することが出来る。

 

年齢だって、垣根を越えて仲良くなれる。

 

社会人の方がずっと友人の幅も広がる。

全然異なる経験をしてきた人とも出会える。

 

だから、学生で辛いことがある人も、ずっと後にまだ素敵な人がいることは知っていてほしいな。

少なくとも、私は学生時代、社会人なんて、学校と同じような物で、集団生活に変わりないし、大人になって全部自己責任になるから、なりたくないと強く思っていた。

でも、学生時代より、社会人の方がずっと自由だったよ。

学生時代のしがらみもない。

今すごく楽しく過ごせている。

あの頃、どうにか辛い時を生き抜いてくれた私のおかげだと思っている。

当時の自分に頑張れなんて言えない。

相当頑張って、どうにか持ちこたえていたのを知っているから。

だから、本当に、持ちこたえていてくれてありがとう。

本当に感謝している。

 

昔の私と同じように人と関わることに悩みを抱えていたり、自分に自信が持てない人の少しでも希望になれれば嬉しいです。

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-人生, 人間関係, 内面, 心に余裕を持つ方法, 昔話, 毒親, 自信, 自分を大切にする方法, 自分を好きになる方法, 辛かった頃

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お気に入りの場所

  ゆっくり、お気に入りの場所で過ごす。 最高の至福。   情報から身を置いて。 音も断捨離。   空を見上げたり、 花や草や昆虫を見て、 風と時間がゆっくり流れるのを感 …

メンタルコントロール

💛メンタルコントロール   もともと、かなりマイナス思考で、気にしいの性格。   でも、こういうマイナス思考や、気にしいの性格というのも、自分が意識していけば少しず …

陽に当たる

  お天気の日には熱くても、少し、日光浴をする。   紫外線が… と、一時期はとても気にしていたが、最近は、在宅時間が増えたので、尚更、太陽の光を浴びる時間が大切だなと感じる。 & …

人間関係と性格

💛人間関係と性格 数年ぶりに、姉と会った。   幼い頃は 容姿がとても可愛いく、 性格は、大人しく、優しく、ゆっくり、穏やかで、引っ込み思案だった。   とても可愛 …

上手くいかないとき

💛上手くいかないとき   人生を過ごしていると、時折 すっごく運がいい、 自分の願ったとおりにことが進む!   というときもあれば、   上手くいかない …