外見 生活 美容法

鏡の使い方

投稿日:

 

鏡を見る。

肌や髪の調子をチェック。

調子が良ければ、自分のテンションが上がる。

 

鏡を覗き込み、笑顔を作る。

自分の実生活の調子が悪い時、うまく笑えない。

顔がキツそうにしている。

 

そんなときこそ、鏡をよく見る。

 

正直ら鏡を見るのが嫌だと思う。

にっこりほほえみたいのに、ギスギスした感じが出る。

 

心の中で我慢していたり、抱えているものが、笑顔を通して見えてしまう。

 

こういうギスギスした笑いしかできないときは、人間関係も微妙になりやすい。

 

でも、他人は教えてくれない。

教えてくれないというか、容姿が変わったわけでもないから、他人は気付いてもいない。

けれど、人間関係には、反映される。

 

そんな時、鏡は正直。

あと、写真。

すごく正直に自分の状態を教えてくれる。

 

 

 

忙しかったり、きついときは、鏡を見る時間がとっても少ない。

 

まともに鏡を見れていないから自分の状態を把握できない。

 

鏡を見すぎる人はナルシストと、よく言われていたし、正直、話しているときにまで鏡を見ながら話されるのは苦手だった。

 

自分の顔を見るのが嫌で鏡を見れなかった時期もある。

 

だから、今も意識しないと鏡を見ない。

 

ただ、自分を直視しないと、自分のことは分からない。

直視するために鏡は必須。

 

他人の前で長時間鏡で自分を見ることは、私は恥ずかしいことだと思っている。

相手に失礼でしょう?

鏡は自分をチェックしたり、理解するための物。

他人の前で取り出し、使用するものではありません。

 

けれど、自分の状態をチェックすること、把握することは、一緒にいる相手のためにも、自分で管理すべきこと。

 

外見が整っていない状態で、人と歩くことは、自分が恥をかくだけではなく、相手にも恥をかかせてしまう。

失礼なこと。

 

洋服や、身だしなみが整っているか、

ヨゴレやゴミがついていないか、

バランスの悪い服装をしないか、

お化粧の状態は綺麗か、

自分の表情は明るいか。

 

もちろん、これらの把握は基本、家で行う。

 

外出先では、お手洗いなど短時間で自分を軽く整える程度で済む状態を作っておくことが大切。

 

そのため、家ではしっかり準備をする。

そうすれば、外出先で大きく整える必要はない。

 

家でしっかり鏡を見て自分の準備を行う。

 

鏡を見るのは、ただ眺めるためだけではなく、自分を理解するため。

 

鏡は基本、家で使用する物。

品のある生活、品のある女性は、

家でしっかり自分の準備をしていきます。

外で必要以上に鏡を眺める必要はない。

 

鏡の使い方でも、人間性が表れます。

 

 

本日も読んでいただき、感謝します💛

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

-, 外見, 生活, 美容法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ルームウェア

💛ルームウェア 部屋着、大好きです。   コロナが流行する前から、部屋着(ルームウェアだと入力が大変なので、ここからは部屋着で(笑))は多い方だと思います。   私 …

外見が適当

  自暴自棄になると 外見が適当になる。   外見が適当になると、 自信まで揺らぎ始める。   綺麗な格好をすれば 自信に繋がる。   身嗜みを整えることは 大 …

ボディーソープ

💛ボディーソープ   先日、ボディーケアについて、お話をしたので、今度は、ボディーソープについて。 ボディーケア① ボディーケア② ボディーケア③   ボディーケア …

自己メンテナンス

💛自己メンテナンス   私は美容室、歯医者には定期的に通っている。   最近はコロナが怖くて、避けていたけれど、少し落ち着いている現状もあったので、久々に行ってきた …

美人に生きる覚悟

  自分を見ても 周囲を見ても ブスになる覚悟をするのは比較的簡単。   自分の取り巻く周囲から 「ブス」 と言われ、 自分で自分はブスであることを肯定し、 ブスならこれを選ぶ。 …