美人 美容法

鏡をよく見る

投稿日:

 

鏡を見る回数は、意図しないと増えない。

 

特に私の場合、もともと鏡を見る回数が極端に少ない。

 

その上、コロナ禍になり、マスク生活になったことで、鏡を見る回数は明らかに激減した。

 

最近、意図して見る時間を増やし、

丁寧にメイクをした。

 

一度でも、時間をかけ、

自分の肌の状態を理解して、

自分の顔のバランスや、

服装など全体のバランス、

少し離れて見た自分の顔のバランス、

近くで見た顔の状態をよく把握する。

 

一度徹底して自分に合うメイクや、

自分の眉を整え、

身体のラインを把握し、

自分の表情や、顔の作りを把握する。

 

鏡を見る回数が激減している時期は

だいたい顔が野暮ったくなっている。

 

マッサージをして自分の顔の状態を整える。

といっても、マッサージを一度しても定着が短いので、しばらく続ける。

 

メイクも定期的に更新して、

常に今の自分に合うものをメイクする。

 

久々に先日、少し時間をかけて、自分の容姿のメンテナンスをした。

 

時間をかけて、自分をより良い状態に作ったあとは、かなり周囲に褒められる。

 

自分自身が美人に見えるように

自分をカスタマイズするわけだから、

当然褒められる。

 

美人になりたいなら、まず、

鏡を見る回数を増やす。

 

ただ、人前で鏡を見る回数は増やさない。

人前で鏡を見る回数が多い人、

私は苦手😂

 

鏡を見つけるたびに、お店の鏡でも、ショウウィンドウでも髪や洋服の手入れを始めだすと、一緒にいて正直ちょっと恥ずかしい。

 

美人になる準備はしっかり家で行い、

外出先では、美人としてしっかり振る舞う。

 

鏡ばかり見る美人がいても、

美人よりナルシストという印象が強くなると、

それはもう、美人ではないからね。

 

 

本日も読んでいただき、感謝します💛

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-美人, 美容法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

美防衛と昔話

💛美で防衛する   美人になることで、自分を防衛できる場面は、格段に広がる。   ブス という烙印を押され、 勝手に、ブスとして認識されて、 相手から不当に嫌な対応 …

電車で出会った美人

  学生時代、通学中、 足を綺麗にそろえ、少し斜めに流している女学生がいた。 当時、多分同じくらいの年齢の女性だったと思う。   当時は、私は制服を着崩し、メイクをするギャル路線が …

美容の敵

❤体の声を聞く   最近の体重管理の方法、前回の続き。   体の声を聞く。   最近は、仕事に追われていたので、疲労感が募っていた。 疲労感が溜まっていると …

本質の話

  問題が生じたときに、 問題の本質に取り組めば、成果は出る。   問題が生じた表面的な問題に取り組めば一時的な結果しか出ない。 だから、また同じような問題を取り組む羽目になる。 …

鏡の使い方

  鏡を見る。 肌や髪の調子をチェック。 調子が良ければ、自分のテンションが上がる。   鏡を覗き込み、笑顔を作る。 自分の実生活の調子が悪い時、うまく笑えない。 顔がキツそうにし …