お化粧 垢抜ける方法 外見 美人 美容法 自己管理

お化粧品

投稿日:

❤化粧品の数

年々お化粧品の数が減少している。

 

以前は“集めること”が趣味で

とにかく色んな種類を集めていた。

 

私の場合は特にリップが大好きで、

可愛いリップがあるとすぐに購入していた。

 

❤お化粧品を買う頻度が減った

年数を重ね、まず、お化粧品を買う頻度が減った。

 

というのも、学生時代以上にお化粧品が自由に購入できる機会が増えた社会人初めの頃買い漁っていた時期がある。

 

けれど、結局自分の肌に合うものを使用するばかりで、たまに気分を変える目的で違う色味を使うことなんて、私の場合は殆どなかった。

 

だいたい自分の好きな色がハッキリしていたし、自分のなりたい自分像がハッキリしているので、そこまで変化がない。

 

確かに、可愛い系とクール系で

お顔の雰囲気を変えるためにメイクの色味を変えることはあったとはいえ、

可愛い系はこれ。

クール系はこれ。

きれいに見せたいなら、可愛い系のこれと、クール系のこれを合わせる。

などで、正直色味もお化粧品もたくさんはいらなかった。

 

ニ種類、三種類くらいあれば、

大抵事足りる。

 

リップは5種類か、それ以上

今も持っているといっても、

昔のようにジャラジャラ持つなんてことはない。

 

以前は沢山持つことが価値あることだと思っていた。

今は自分によく合うものを持つことが大切。

 

❤今の自分に似合うメイク

そして、一番思うことは、

沢山メイク道具を持つことは

古いメイク道具も増えるということ。

 

私は薄化粧なのか、

化粧品度が少ないためか。

 

お化粧品が半年や一年でなくなることが

ない。

 

底が見えたり、

使い切ることもほとんどない。

 

だから、いけないなーと

思いつつ、ついつい長く使用してしまう…。

良くないんだけどね!

 

そう考えると、普段使用していない

たまーに出てくるお化粧品なんて、

半年に一度、

年に2、3回しか使用していない。

なんてことはよくある。

 

そして、たまーに使ったところで

しっくりこないし、

なんだかイマイチ。

 

だから、一番自分に似合うもの、

今の自分に映える物を常に選択する。

 

いつも同じもの使っていても、

ふとした瞬間に、合わないなっと

感じることもある。

 

そうしたときは、自分に合うものを

新たに探す。

 

手持ちでなければ、

新しく新調する。

 

手元にたくさんある物から選ぶより、

大抵は、手元の厳選されたもの

あるいは、新しい物から選ぶ方が

絶対に“今の自分”に似合うものが見つかる。

 

だから、一軍以外は手放す。

 

大切な物、

自分に似合うものを常に選択する。

 

2軍以下の物を使って、

最高に美しい自分が出来上がるの?

-お化粧, 垢抜ける方法, 外見, 美人, 美容法, 自己管理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダラけたい気持ちもある

  美人に生きるには、 常に美しく自分の身を整える必要がある。   といいつつ… 出来れば楽をしたいし、 締め付けのきつい下着からは開放されたいし、 着心地のいい服を着たい。 &n …

三月中に取り組むこと

  今月は、コロナの影響もあり、外出は出来る限り控えています。 外出を控える、人との接触も控える。   だからこそ、自分のために時間をつかうチャンスだなー。 と思っています。 &n …

美容の敵

❤体の声を聞く   最近の体重管理の方法、前回の続き。   体の声を聞く。   最近は、仕事に追われていたので、疲労感が募っていた。 疲労感が溜まっていると …

心のバロメーター

❤心のバロメーター   以前、別の記事で、鏡に写った姿が という記事を書きましたが、   私のなかで、自分の状態を知るのに 鏡はとても大切なバロメーターになっています …

幸せになる選択をする

  自分が幸せになる選択をする   自分が何が好きなのか理解する 自分がどうしたいのか理解する   自分基準で 自分が喜ぶ 自分が幸せになる 選択をする。   …