Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bijinkawaii/bijinkawaii.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

人生 人間関係 内面 心に余裕を持つ方法 昔話 自分を大切にする方法 自己管理 辛かった頃

怒らなくなった

投稿日:

💛怒らなくなった

 

幼少期、怒りっぽくて、

イライラしていて、

人に意地悪なことも沢山した。

 

そんな時期がある私だけれど、

今はとっても穏やかになった。

 

振り返ってみて、イライラしたり、怒りっぽかった頃、

私の身近には、常にイライラしている親がいた。

 

ちょっとしたことでキレられ、

笑顔を見る機会も少なかった。

 

子どもの頃だったので、とても影響されていたのだと思う。

 

一人暮らしを始め、

自分のペースで生きはじめ、

怒ることがほとんどなくなった。

 

怒りっぽいと言われ、長年生きてきたので、

自分がこんなに穏やかな人間だとは知らなかった。

 

 

怒った方が良いのかな?

という場面もあるが、まあ、いいかと終えることがほとんど。

 

以前だと、相手になめられる!!!

と考えていたことも、今は考えることがない。

 

相手になめられたとしても、

どうでもいい相手だし、

なめられて不都合があれば、その時考えよう。

 

そういうスタンスをとるようになり、

何故か、なめられることも

酷い扱いを受けることもなく、

快適に過ごせている。

 

💛怒りっぽかった頃

 

怒りっぽかった頃、

人の悪口をよく言っていた

 

他人になめられると頭に来たし、

失礼な態度をしてくる人に対してよく怒っていた。

 

そんな時期は、他人からひどい態度を受けることも多く、

なめられることも多かった。

 

必死に、自分で自分のことを守るために、以前よりピリピリ、なめられないように、態度を悪くした。

 

こういう時期は、延々と同じことが繰り返されていた。

きつかったー。

 

常に勝気でいないといけないし、

勝ち気でいるためには、エネルギーをたくさん使った。

 

💛ローエネルギー

 

現在は、ローエネルギー。

低燃費省エネ(笑)

 

態度が悪い人がいたら、関わらない

関わってきたら、かわす

 

かわせなければ、必要であれば対応する

対応しなくてもすむ問題なら、交渉して対応しない

 

同じ土俵に立たない。

というか、

同じ土俵に立てなくなった。

に近い。

 

同じ土俵に立たされそうになっても、話が噛み合わないことも増えた。

私が物事を見る視点が変わったのだと思う。

 

以前であれば、相手と同じ視点に立って物事を捉えていたから、同じようにエネルギーを使い、対立していた。

でも、今は、視点が違うから、噛み合わない。

 

それに、困ったなと思う前に、周囲の人間が手を差し伸べ、回避出来ることも増えた

 

おかげで、自分が怒ったり、機嫌が悪くなる出来事が起きなくなった。

 

💛怒る、機嫌が悪くなる出来事が起きなくなった理由

 

どうして、怒る、機嫌が悪くなる出来事が無くなったのかというと、

出来事としては起こっていても、視点が変わったことで、自分が怒る、機嫌が悪くなる要因に反応しなくなった。

ということが一番近いと思う。

 

例えば、以前であれば、

自分が不快になる言葉を投げかければ、

どうにかして、やりかえしたい!!!!

と、同じ土俵に立って、対等な視点で怒っていた

 

現在は、

機嫌が悪いのかな。

感じの悪い、変な人。

で終える。

土俵の中にいる人を客観的に観察する視点に変わった

 

他人の機嫌に流され、同じ土俵に入ること、同じ視点に立つことをしない。

自分の立場で相手を見る。

 

 

他には、

本人がすべき仕事などを私に押し付けてくるとき、

以前であれば、都合よく私のこと使うなよ!!!と不快に思いつつ、相手の顔色を窺い、仕方なく引き受けた。

相手の仕事は、相手の土俵の中にあるものなのに、頼まれたことで、責任を感じ、自分も相手の土俵の中に入って同じ立場で考えてしまう。

 

現在、

したくなければ、出来ないと断る

してもいいかなと思えば、了承して引き受ける

相手の仕事は、相手の土俵の中にあるものだから、自分は異なる土俵に居るので、混合しない。

 

相手の顔色をうかがうより、自分がどうしたいのか考え、対応する。

 

 

また、

自分に対して嫌な態度を続ける人に対して

以前であれば、

むきになって、自分も仕返した。

 

現在は、

相手から話しかけられるときは、対応するが、不快な言葉は無視

どうしても関わらなければいけないときは、普通に対応する

特に相手に意地悪もしない。

最低限の関り

 

大抵、相手の都合で一方的に意地悪をされた場合、意地悪な人自身が問題を抱えている場合が多い。

だから、暫く、私に対して意地悪をしてきたとしても、その人は、私以外の人にも意地悪をするし、感じが悪いため、自分で周囲に敵を作り、味方を減らす。

相手の敵が増えてくると、最低限しか関わらない私であっても、普通に対応するので、相手は徐々に優しくなってくる。

 

ということが多い。

そこから、仲良くしようということはしたことがないが、意地悪がなくなり、普通に対応してくれるので、私の生活は快適になる。

 

なめられる、なめられないに関しても一緒。

 

自分が普通に対応していれば、最初なめたような対応をしてくる人も、その人は、私だけではなく、周囲にもそうした対応をしているので、徐々に孤立するので、最終的に、普通に対応する私には優しくなる。

 

のだと思う。

 

意地悪をされたから意地悪をする。

やられたらやり返す。

 

それだと、延々と、お互いに相手を負かそう負かそうと大変だけど、自分がその土俵に立たないこと。

同じ視点に立たず、自分は自分の土俵にいること。

そうすることで、円滑な人間関係が築けることもある。

 

と感じる今日この頃です。

 

怒っても良いことなんて、ほとんどないよね。

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

-人生, 人間関係, 内面, 心に余裕を持つ方法, 昔話, 自分を大切にする方法, 自己管理, 辛かった頃

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

部屋の香り

💛部屋での過ごし方 部屋での過ごし方。 綺麗に服を着替えて、軽くお化粧をして、綺麗に過ごす。   というのに、憧れてはいるけれど、久々の休日となると、ついつい可愛い部屋着にス …

自分を大切にする

💛自分を大切にする   自分を大切にする。   私は、自分に優しくするとは、 自分のために、自分の心地が良くなること 心が穏やかになること 自分のためになることをし …

美人に生きる

💛美人に生きたい理由   自分が、美人に生きたい理由は、 魅力的な人と対等にお付き合いしたいから。 自分に自信を持って人と接したいから。 そして、自分が自分のことを好きになり …

初心に戻る

💛初心に戻る   最近忘れがちになっていましたが、 ブログを始めたことで、 初心に帰れることに感謝しています。   私は、もともと、容姿のコンプレックスから 美人に …

世界一幸せに

  一番身近で 一番自分のことを理解しているのは 自分自身。   だから、世界一で一番幸せにしてあげたいと思うし、 世界一で一番幸せにする。   他人に理解されたいと思う …