内面 掃除 自分を好きになる方法

整理整頓

投稿日:

❤整理整頓

 

昔は全然できていなかった

整理整頓。

 

机の上に置きっぱなしにしてしまったり、

ソファーに重ねてのせてしまったり。

 

だいたいの物の位置は把握できているから

問題ない。

 

長年ずっとそう思っていた。

 

❤物の定位置

数年前に、一念発起して、徹底的に物を捨てた。

その後、整理整頓に目覚め、物の定位置をつくった。

 

物の定位置が出来ると、本当に快適になる。

 

必要なものが必要な箇所に、

その物だけが、きちんと収納されている。

 

これは、経験してみないと分からないだろうけど、

とってもときめく。

 

物に定位置を作って、

自分が決めた位置に物があるのなんて当然でしょ。

なんで、ときめくのよ。

 

と、思いそうだけど、

 

今まで色んな文房具がしまってあった引き出し。

 

シャーペン

えんぴつ

ハサミ

ボールペン

ホチキスの芯

消ゴム

安全ピン

カラーペン

修正機

マーカー

油性ペン

定規

クリップ

などなど

 

ひとつの引き出しのなかには上記の文房具が乱雑に入れられていた。

 

そして、手が届きやすい場所にあるその棚のなかには、なぜかゴムが入っていたり、印鑑が入っていたり。

 

ひとつの棚のなかに情報が乱雑していた。

 

こまごました

クリップや安全ピン、ホチキスの芯は

基本まとまっていたけれど、ところどころ

単体で乱雑に棚の中に入っていた。

 

乱雑の中だと、物も乱雑に扱ってしまう。

だから、まず、専用の出し入れしやすい入れ物を作って、全て入れる。

 

次に、ペンや鉛筆類は、

書けないもの、

書きづらいもの、

使用しないもの、

扱いづらいもの

は捨て、使いやすいものを少量にする。

 

そして、ひとつひとつの文房具ごとに場所を分ける。

棚を分け、

はさみやのりだけの場所

物が乱雑にならないようしきりをつくってみる。

 

❤乱雑な物の状態と、整理整頓された状態

棚を開けたとき、ぐちゃぐちゃに色々な物が入っている状態だと、物を認識するときに、面倒くささを感じる。

手で上の物をどかし、必要なものを探し、とる必要がある。

 

しかし、整理整頓がなされていれば、

棚を開ける。

必要なものが目のなかに入ってくる。

とる。

 

この、目のなかに入ってくることがテンションが上がるポイント!

 

そのうえ、物のメンテナンスも整理整頓で出来ているので、ペンをとって書いたのに書けないということがない。

 

また、綺麗に整理整頓されている棚であれば、ペンがかけなくなったとき、すぐに捨てる。

 

乱雑な棚だと、雑な扱われ方をしているからか、ペンが書けなくなってきたとき、まだ使えるかもと引き出しに戻してしまうことありませんか?

 

整理整頓をすれば、自分の効率も上がる。

自分の機嫌も上がる。

 

乱雑に扱われている物を取り扱うのはストレスがかかる。

整理整頓されているものは、丁寧に扱われているので、自分も丁寧に扱われている気持ちになれる。

 

というのも

乱雑な状態の物をとるとき、

不要なものが沢山溢れてるけど、そのなかからとってね。と言われているような状態。

要はゴミの中から漁ってきて。と近い。

 

整理整頓されている物をとるとき、

あなたのために準備しておきました。

と言われているような状態。

 

だから、整理整頓は使いやすさはもちろん、

自分に対する扱いにも大きく繋がると思う。

 

もう年末!

せっかくですし、自分の過ごしやすい、自分が丁寧に扱われていると感じられる部屋作りしましょう❤

 

本日もありがとうございます❤

-内面, 掃除, 自分を好きになる方法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

優しくされる

💛優しくされる   ここ数年。 人から優しくしてもらえることが多い。   容姿を整えたことで、優しくされる機会が増えたということもあるけれど、正直、オフモードで、容 …

ルームウェア

💛ルームウェア   お部屋の中で、どのようなお洋服を着ていますか?   私は、帰宅するとすぐにお風呂に入ることが多いので、 基本パジャマが多いです。   …

すぐに行動する

❤行動力がある   昔に比べると フットワークは軽くなったし すぐに行動できるようになった   と、思っていた。   けれど、即行動できる内容も、よく観察し …

結果を出せる人の脳の習慣

結果を出せる人の脳の習慣 「初めて」を増やすと脳は急成長する (廣済堂新書) [ 茂木健一郎 ]   アウェイに行く中で、自分の世界を広げる。 初めての経験を増やすことは、アウェイで戦うリハ …

大切にされる方法

♥自分への対応について考える 私は以前、自分を大切にしてくれない人に囲まれていました。 適当な扱い、嫌な扱いも受けてきました。   それが妥当だと思っていた時期もあります。 & …