スピリチュアル 人生 人間関係 愛される 昔話 毒親 自分を大切にする方法 自分を好きになる方法 辛かった頃

過去を捨てる

投稿日:2021年10月3日 更新日:

 

人生において、親や家族との関係が悪く、トラウマがすごかった。

 

誰からも愛されない。

人間関係はうまくいかない。

結婚できない。

家族に入れない。

家庭を築けない。

 

無意識に小さい頃から、上記のような考えが、根強く心の奥底にあった。

 

容姿を綺麗にして、沢山褒めてもらって、愛されるようになった。

それでも、深い関係を築くことが怖くて、

友人関係でも

恋人関係でも

関係性を築くことにすごく時間がかかる。

 

その上、深い友人関係、恋人関係に発展すると、相手の粗探しをしてしまうことも多々あった。

自分の落ち込みや深く沈んでいるとき、そのままを相手にぶつけてしまい、嫌な思いもたくさんさせた。

 

根底に幼い頃に愛されなかった辛さや、

理不尽なことで責め立てられたこと。

親の機嫌で左右される暴力や暴言が原因であることは明白だった。

 

だから、いかに癒やすか。

ずっと困っていた。

 

他人にも話せないような内容だった。

小学生の頃、親から叩かれたと話している男の子がいたので、私の家のことも実は普通なのかな?と勘違いして、親から怒られて叩かれた詳細を話した。

 

正直、その場にいた友達数名が固まって引いていた。

 

最初叩かれたと話していた男の子も、

「いや、そこまで酷く叩かれたことないよ。」

と引いていた。

 

周囲の友達は、親から叩かれたことは一度もないと言う子も多く、

やってしまった。

と、血の気が引いたことを覚えている。

 

親は、本当に何で怒りだすか分からなくて、ただ、楽しく談笑をして笑っていただけでその辺りにある物を使って、ずっと叩いてきたり、場合によっては、大きなものを投げつけられることもあった。

 

電話機で叩かれたり、重量のあるおもちゃを投げつけられたり。

 

コミュニケーションがうまく取れない分、気に食わないことは、弱者でストレス発散させていたのだと思う。

 

だから、今も物に当たる人は怖い。

大声で怒鳴られることも慣れていないので怖い。

怒る人がとにかく怖い。

 

そして、そういう人に、比較的ターゲットにされやすい。

今は随分減ったが、以前は本当に多かった。

 

毒親のトラウマを断ち切るために書籍を読み漁っていた時期がある。

家庭内でうまくいかなかった人や、家庭内で虐められたような人は、外部でも虐められやすかったり、ターゲットにされやすい。

という内容を目にする。

 

私だけでなく、確かに似た傾向はあるような気がする。

 

家庭内で自己肯定感を上げ、大切に育てられた人は、自然と大切に扱われることに慣れているしら不当な扱いを受ければ怒れる。

 

けれど、私のように家庭ではずっと批判され、褒められたことのない人間は、大切にされることには慣れていないし、不当な扱いになれているから、ターゲットにされやすいのだと思う。

 

けれど、もうこれ以上考えるのもやめようと思う。

 

先日、とあるYou Tubeで木村藤子さんのお話をされていて、親の関係の話はしていなかったが、トラウマを捨てる覚悟をすることが大切ということを聞いて、ハッとした。

 

そうか。

どうにかして、癒そう。

どうにかして、トラウマと向き合おう。

としていたけれど、ただ捨てれば良いんだ。

 

色々考えて、相手を責めることも、

自分が悪くなかったのか疑心暗鬼になって確認して、自分を責めることもいらないんだ。

 

ただ、もうあったことを捨てれば良いんだ。

色々考えずに、捨てれば良いんだ。

捨てる。

そう決めて、覚悟すればいいんだ。

 

そう考えると楽になった。

 

 

本日も読んでいただき、感謝します💛

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

-スピリチュアル, 人生, 人間関係, 愛される, 昔話, 毒親, 自分を大切にする方法, 自分を好きになる方法, 辛かった頃

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

怒らなくなった

💛怒らなくなった   幼少期、怒りっぽくて、 イライラしていて、 人に意地悪なことも沢山した。   そんな時期がある私だけれど、 今はとっても穏やかになった。 &n …

好きを集める

💛好きを集める   今ある人間関係が好き。 部屋の中の物が好き。 部屋のコーディネートが好き。 お気に入りの服が好き。 大好きな食べ物を食べることが好き。 育てている植物が好 …

辛いとき

  人生において、本当に本当に辛かったとき。 言葉に助けられたと思っている。   誰かから直接かけられた言葉ではなかった。   当時の私は友達もまともにいない。 人とまと …

行動力

  もともとかなりの臆病者。   なにかに挑戦したり、 日常とは異なることをすることにはかなりの抵抗感があった。   友人に誘われて遊ぶことも正直あまり好きではなかった。 …

強気

  気が強い面もある性格だったけれど、 年々、穏やかになっている。   環境が恵まれて来たということも大きいのだろう。   以前であれば、カチンときていた場面でも、「ふー …