Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bijinkawaii/bijinkawaii.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317

ダイエット

最近の体重管理②

投稿日:

❤日常生活で動く

 

ジムに通ったり、

ランニング、

ウォーキング、

を、日常生活に取り入れられれば良いけれど、

時間的に私は難しい。

 

ただ、その分、日常生活で動く。

 

掃除や洗い物、洗濯、料理。

日々の家事を徹底して行うだけでも、結構な運動量になると思っている。

 

また、移動の際に、出来るだけ、徒歩で移動する。

 

ただ、帰宅時間が遅いときに無理してまでは行わない。

普段の生活においては、疲労を残さないことを基本において、出来る限りで行う。

 

❤充分な睡眠を確保する。

 

睡眠不足になると、自分の睡眠欲求を満たすために、暴飲暴食しがちになってしまう。

 

また、睡眠不足のときは、体が怠いので、活動的に動くことができない。

 

私の中で、睡眠不足は負の連鎖なので、出来るだけ充分な睡眠を確保している。

 

❤姿勢を美しく保つ

 

私の場合、太ると、まず姿勢が乱れる。

 

脂肪の重さに、筋肉で支えきれずに、だらしのない姿勢になりがち。

 

そのため、太ったあとは、出来るだけ、姿勢を正す。

 

お腹に力を入れ、背筋を正す。

頭の位置を真っ直ぐにする。

足は、膝をつける。

足は組まない。

 

背筋が曲がり、猫背の姿勢はとても楽ではあるが、

お腹がぽよんと出ていて、

顎の下の肉も出てしまい、

より太った印象を抱く。

 

姿勢を正すだけでも、スラッとした印象づくりが出来る。

 

また、太った状態だと、姿勢の良い状態を維持するために筋肉が必要で、所々、力を入れなければ維持できない部位があるはずだ。

 

私の場合、姿勢を正すためには、

腹筋

背筋

ふともと

お尻

肩甲骨

辺りに力を入れなければならない。

 

痩せているときも、姿勢を正す際、上記の位置を意識する。

しかし、痩せているときは、骨格と筋肉バランスがとれているので、太っているときほど、力を入れずとも、意識するだけで姿勢を正しやすい。

ただ、太っているときは、骨格と筋肉バランスが脂肪により崩れているので、意識的に力を入れなければキープできない。

 

そのため、持続することは体力を使うが、続けることで太っている部位が引き締まってくる。

 

ということで、姿勢を正すことを日常生活で意識している。

 

❤運動

 

自発的に、運動したいと思ったときは、運動も取り入れている。

もともと運動があまり好きじゃないこともあり、自分が苦痛を感じるものは取り入れない。

 

それでも、走りたいと思えば走りにいく。

歩きたいと思えば、歩きに行く。

ジムに行きたいと思えば、行く。

ヨガをしたいと思えばする。

 

私の場合、~しないといけない

というより、

自分の体が動かしにくいから、体重を管理しよう。

体の声を聞いたら、仕事続きで体がなまっていると聞こえたので、じゃあ、ウォーキングに行こう。

 

という感じ。

~しないといけないは、私は長続きしないから。

 

自分のペースで、自己管理。

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

痩せていることが正義な考え方

💛極端なダイエットの話をした   二日間にわたり、極端なダイエットのお話をさせていただきました。   極端な食事制限   極端な運動   周囲で …

ラジオ体操

💛朝の運動 今年の目標で、毎日極力運動をする! ということを掲げていたので、出来るだけ、毎日続ける運動を模索していた。   今年一番はまっているのは、ヨガ。 していてすごく体 …

極端な食事制限

💛極端な食事制限   周囲の女性を見ていて感じる。 ダイエットを頑張ろうと急激なダイエットに走りがちな女性を見て、いつも、感じるのは、もうちょっと自分のことを考えたダイエット …

ダイエット 原因と対応

❤体重、体型を管理する方法   さて、私の体重、体型管理方法。 端的に言えば、自分との対話でのアプローチです。 なので、普通のやり方とは異なるアプローチかつ 自分に合わせたアプ …

頑張りすぎない

  ♥ゆるく美容ブログ 美容系というと、 美意識の高い人が、 美意識の高い日常を送る姿を見て、 言葉を感じて、 私も美容を頑張ろう! という気持ちになれたので、 ピン!とした雰 …

PREV
美容の敵
NEXT
批判